300万円から10万円へ急落したアフィリエイターというエントリーより。

月に300万円も稼いでいたアフィリエイターが、月に10万円程度まで急降下する衝撃を想像できますでしょうか。

アフィリエイターの成功事例というのはよく目にするのですが、失敗事例が紹介されています。かなり貴重な話ですね。

キャッシング系のサイトを運営していて、2006年2月には300万円あった収入が、2006年11月には10万円まで減ってしまったそうです。

原因を本人は「貸金業界に対する規制強化の法改正と検索エンジン対策の失敗」と分析されています。

「検索エンジン上位表示競争に勝利し、敗れただけのことです」ともコメントされていますが、いわゆる検索エンジンスパムと判定されてしまったということなのでしょうか。

エントリーでは「検索エンジンから戦力外通告を受けたプロアフィリエイターと言ったところでしょうか」とまとめられていますが、これほどまでに急落してしまうものなのですね。

・検索エンジンに頼っている
・核となるサイトが限られている

となると、検索エンジンから「戦力外通告」を受けてしまうと試合終了になってしまいます。

何ができるかというと、やはりコツコツとコンテンツを作り続けていくことなのでしょうか。