サイバーエージェント、ドロップシッピング事業に向け100%子会社を設立という記事より。

サイバーエージェントは6月21日、ドロップシッピング事業を行う新会社「ストアファクトリー」を7月3日に設立し、10月1日よりサービス「ミセつく」を開始すると発表した。

なんとなく、足場を固めてから新しい事業に進出してくるイメージを持っていたので、今回のドロップシッピング参入はスピーディーな感じがしました。あくまでも個人的なイメージですが。

ストアファクトリーでは、販売商品選択とその販売価格および商品説明の入力後、ブログをはじめとする自身のサイトに簡単に掲載することができる仕組みを提供し、サービス開始時には、ジュエリーや健康食品、アパレル雑貨など、1万点の商品を取り扱う。

仕組みとしは非常に簡単そうですね。ブログで簡単に使えそうなので、アフィリエイトの延長線上のようなイメージもあります。

ただ、ドロップシッピングだと商品サポートがどうなるのか等、個人的にはちょっと気になっている部分もあるので、そのあたりの細かい仕組みがどうなるのか知りたいところです。

仮に価格設定をして自分のサイトで販売するだけであれば、非常に簡単というか、アフィリエイトよりも利幅の大きいコンテンツを作ることが可能になるでしょうから、アフィリエイトよりも主流になっていく気もします。が、実際はどうなのでしょうか。興味あります。

■関連記事

サイバーエージェントがドロップシッピングに参入

ドロップシッピングとは、アフィリエイトの発展型とも言われているECサイトの新しい仕組み。在庫管理や発送、代金の回収などはすべて卸売り業者や運営会社が行い、売り手は販売に専念する。商品の売価を売り手側が自由に設定できる点が、アフィリエイトとは異なる。

サイバーエージェント、在庫なしでECサイトを運営できる「ドロップシッピング」

専用Webサイト上で、商品を選んで販売価格を設定し、説明文を入力することで、ブログなどに容易に商品情報を掲載できるという。商品在庫の管理や発送、決済などは卸業者やストアファクトリーが行う。