RSS広告社、複数社のアフィリエイト広告を自動で生成できる新サービスという記事より。

Trend Match Combineは、日本語解析技術を利用してブログやホームページの記事内容に関連した広告を、複数のアフィリエイトサービスから一括検索していくサービス。検索結果で気に入った広告がない場合にはキーワード検索も行なえる。

少し前にブロガー向けのアフィリエイトプログラムについて考えてみたというエントリーで下記のように書きました。

ということで、どなたかAmazonと楽天アフィリエイトを串刺しで検索して、アフィリエイト用のリンクタグを生成してくれるサービスを開始してくれないものでしょうか?

もしかしてktkr?

Trend Match Combine」を実際に自分で使っていないので何とも言えないところではありますが、イメージとしてはかなり近いような気がします。TrendMatch Combine解説ページをミルと、さらにkwsk。

アフィリエイトを貼り付けたい記事をコピーして、文章解析ツールにペーストし解析ボタンをクリックします。

すると「解析された文章にマッチするアフィリエイト商品が複数出てきます。」ということで、さらに「レッツコンバイン」して生成されたソースコードをブログに貼り付けると。うむうむ。

広告デザインも自由に設定可能ということなので、これは望み通りのものができるかも? ちょっと試してみたいと思います。

■関連記事

RSS広告社、アフィリエイトを横断表示「Trend Match Combine」を開始

サービス開始当初は、アマゾン ジャパンの「Amazon Web Service」を始め、ディー・エヌ・エーの「Bidders Web Service」に対応する。以降は、リクルートの「リクルートアフィリエイトネットワーク」、リンクシェア・ジャパンの「リンクシェア」、セプテーニ・コマース・アンド・テクノロジーのアフィリエイト広告、インタースペースの「アクセストレード」にも対応予定だという。

複数アフィリエイトサービスを一度に利用-RSS広告社の新サービス

あとは一覧からユーザーが表示したい広告をTrend Matchから1つ、アフィリエイトから最大4つ選択し、アフィリエイトのユーザーIDを入力の上、広告作成のボタンを押せば、広告を表示するためのHTMLコードが生成される。