アフィリエイト市場、1.8倍の314億円にという記事より。

矢野経済研究所が2月17日に発表した国内アフィリエイト市場に関する調査結果によると、2005年度の市場規模は前年度比77%増の314億3500万円となる見通し。

アフィリエイトへの注目が一気に高まった2005年でしたが、市場規模は前年比で77%増の314億円だったということです。さらに2006年度以降も40%以上の成長が続くと見られています。

アフィリエイターも増えているし、ネットで購入する人も増えるだろうし、頷ける成長です。

2005年度は、PC向けが251億7500万円と前年度比66.4%増、携帯電話向けが62億6000万円と同2.4倍に伸びる見込み。

自分では使わないからよく分からないのですが、とにかく携帯電話向けのアフィリエイトも伸びているんですよね。これも驚きです。

2002年度 35億9000万円
2003年度 76億7000万円
2004年度 177億4000万円

だったということを考えると、もの凄い勢いで伸びているのが分かります。

今後は、大手企業のアフィリエイト広告出稿の本格化や、ブログの増加による個人アフィリエイトの拡大、2次元バーコードを使った携帯電話アフィリエイト市場の拡大などで成長が続き、2008年度には1064億円になると予測している。

2008年には1,000億円を超えてしまうのです。そんなに先の話じゃなくて、再来年ですからね。

■関連記事

アフィリエイト広告市場規模、2008年度には1000億円突破へ

同社によると、アフィリエイトサービスは、初期費用が少なく、費用対効果が明確で、ブログなど個人サイトを含めた販路拡大が行えるなどのメリットがあるという。また、導入サイトにも、無料で導入できる上に報酬が期待できることから、提供企業数、導入サイト数とも大幅な拡大傾向にあると分析している。