アフィリエイトで月30万円を稼ぐ主婦が明かす「アフィリエイトの秘訣」という記事より。

具体的にはまずサイトのページ数を増やし、1ページ1商品または1テーマとターゲットを絞る。ページも単に商品画像を並べるだけでなく、知らないブランドなどは自分で勉強しながら、自分の言葉で商品を説明することを心がける。そうしてサイトの中のページが増えていくごとに、訪問者を迷子にさせないナビゲーションにも注意を払う。「お客さまからの問い合わせも、自分で企業へ確認した上で改めてお客さんに答えている。できるだけたらい回しにはしたくない」と、ユーザーにとって魅力あるページを心がけた。

こういうノウハウって、全く持って普通のウェブサイト構築と共通するものなんですよね。だからといって、オンラインショップや企業サイトにすぐにノウハウを転化できるかと言えばそういうことでもないと思うのですが、基本的な考え方は一緒だと思います。

ページ作成後も、売り切れ商品やリンク切れなどの確認や、検索キーワードの結果から訪問者の嗜好を確認し、商品の入れ替えや追加を行なうといった管理作業にも力を入れる。こうした努力のおかげで、当初目標だった月50,000円の収入は、サイト開設から10カ月後の2004年1月に達成。アクセス数も当初は1日50人程度が、2004年2月には600人、現在は3,000人にまで伸びているという。アクセス数の増加に合わせて収入は増え続け、今では月に30万円以上をアフィリエイトで稼いでいるという。

最初はサーバとプロバイダー費用の3,000円くらいでいい、そしてその目標がクリアされると自分が自由にできるお小遣い50,000円くらい、そして次に10万円、20万円と、乗っている時は本当にスムーズに目標がクリアされていくのではないかと思います。

1日のアクセス数が3,000人ということは、月間にすれば10万くらいですよね。それでいて30万円を稼ぎ出しているのですから、凄いことだと思います。訪問者一人あたり3円と出ていますから、次の目標も立てやすいというもの。

「ページの作成や、自分の紹介した商品が購入された時が楽しいということがアフィリエイトに取り組んでいる一番の理由。それが報酬につながることが、仕事をしている実感がある」とアフィリエイトの魅力を語っています。特に子育て中で専業主婦として家にいる人は、最近はブログも手軽に始められますから、家計の足しに、仕事をしている実感にと、アフィリエイトは本当に最適な刺激ではないでしょうか。

最初にも書きましたが、アフィリエイトで稼ぐ=良いウェブサイトを作る、ということですから、凄く大変な作業です。仕入れはないとは言え、オンラインショップを作っている訳ですからね。仕入れがない分、利益は少ないですから、売り上げ自体を大きくしないといけないという大変さもあります。だから、充実感にも繋がるのでしょうね。

▼アフィリエイトに興味のある人は[N]アフィリエイトも是非参考にどうぞ