甘くない「ネットで副収入」の理想と現実、落差は2倍以上だそうです。

「副収入を得るためにしていること」では、「ネットオークション」(19.5%)、「懸賞への応募」(17.5%)、「広告メールを受信/サイトを訪問」(11.2%)が上位となった。

ヤフーとインテージが実施した、副収入に関するアンケート調査の結果だそうです。

また、「今後どのようなことをして副収入を得たいか?」を質問すると、「ネットオークション」(38.3%)、「懸賞への応募」(31.1%)、「株式・金融商品への投資」(24.6%)が上位を占め、年代別で見た場合、20代では半数以上(53.2%)が「ネットオークション」を挙げているのが目立った。

ネットオークションて、そんなに儲かるものなんですか? たまーにしか利用しないし、購入する方が多いのでよく分からないのですが。売れそうなものを調べたり、調達してきたり、と意外に手間がかかりそうな印象もあるのですが、無店舗でお店運営みたいな満足感も同時にあったりするのでしょうか。

「副収入による実際の取得金額と取得を希望する金額をたずねると、現状と希望金額の間には2倍以上の開き」という結果で、現実はそんなには甘くない、というところのようです。

副収入のない人が副収入を得るようなことをしていない理由は、「時間が無いから・暇が無いから」(41.9%)と「何をしたらよいかわからないから」(31.1%)が上位となった。

今週末、渋谷で開催予定のアフィリエイトカンファレンスのパネルディスカッションに、パネラーとして参加させて頂くことになりました。主にブロガーの立場から話させて頂く予定です。多分。

■関連記事

サイドビジネスの上位は「ネットオークション」「懸賞への応募」など

一方、現在副収入を得ている人が今後やってみたいこととしてあげたのは、「ネットオークション」(38.3%)、「懸賞への応募」(31.1%)、「株式・金融商品への投資」(24.6%)で、「広告メールを受信/サイトを訪問」は4位に転落。