SURFACE BOOK 10 06 15 10 00

Microsoftが可能なWindows 10のタブレット型デバイス「Surface Pro 4」を発表しました。早速、ロサンゼルスで開催中の「Adobe MAX」のMicrosoftブースで実機が展示されていたので、写真撮影してきました。既に「Surface 3 Pro」を使用している @drikin に言わせると、色々と気になっていたところに改善点があるそうで、トラックパッドが広くなるなど使いやすくなっているそうです。

「Surface Pro 4」実機の写真

SURFACE BOOK 10 06 15 07 29

ディスプレイサイズは12.3インチで、Surface Pro 3の13インチよりも少し大きくなっています。

SURFACE BOOK 10 06 15 07 42

CPUには第6世代のCore M3/Core i5/Core i7を採用しています。メモリは4/8/16GB、SSDは128/256/512GB/1TBとなっています。

SURFACE BOOK 10 06 15 08 24

重量はCore M3が766g、Core i5/i7が786gとかなり軽量です。バッテリー駆動時間は9時間です。

SURFACE BOOK 10 06 15 10 10

「Adobe MAX」の2日目の基調講演の最初にMicrosoftの社員が登壇して新製品のプレゼンテーションをしたのですが、身体が大きいこともあって、異常に「Surface Pro 4」が小さく感じました。大きさは292.10 × 201.42 × 8.45 mmです。

SURFACE BOOK 10 06 15 22 18

「Surface 4 Pro」を横から見たところ。

SURFACE BOOK 10 06 15 22 25

「Surface 4 Pro」のキーボードのアップ。

価格は899ドル〜となっています。同時に「Surface Book」も発表され、ノートタイプというのは魅力的なのですが「Surface Pro 4」の薄さ・軽さというのもかなり魅力的だと思います。

「Adobe MAX」の取材に関して

Adobe主催のメディアツアーに参加しています。

オフィシャルサイト@AdobeMAX@Adobeクリエイティブクラウド