2014 02 03 1339

思い立ったらすぐに、手軽に無料でアンケート作成から回収、分析ができるサイト「Questant(クエスタント)」が、ネタフルのラージバナースポンサーになって下さいました。ネットでできるアンケートツールを提供しているサイトです。ありがとうございます!

無料で手軽に使えるアンケート作成ツール「Questant(クエスタント)」という記事で紹介しましたが「Questant(クエスタント)」を利用するとPC、スマートフォン、タブレットから簡単に、無料でアンケートの作成・回収・分析ができてしまいます。

・この商品についてお客さんはどう思うんだろう?

とか、

・ブログの読者はどっちが好みなのかな?

とか、

・イベントに参加した人の感想を聞きたいな

とか、ちょっとした質問から仕事に活用できそうなアンケートまで、とにかく直感的な操作で手軽にアンケートができてしまうのが特徴です。従業員アンケートや満足度アンケートのようなものも良いですね。78種類のアンケートテンプレートが用意されています。

2014 02 03 1359

有料プラン(2,980円〜)もありますが、まずは無料プランで試してみると、どんなことができるのか分かりやすいと思います。無料プランは質問数が10問まで、回答数が100件までです。

ちなみに「ネタフルどうでしょう?」というアンケートをサクッとやっておりましたので、結果を振り返ってみたいと思います。

まずはネタフルの更新頻度について質問したものです。

2014 02 03 1348

概ね「いい感じ」と思って頂いているようです。

2014 02 03 1350

アンケート回答者の年齢構成です。こちらも同世代の読者が多いのかな、というのが分かりますね。ちなみに、男性が75%、女性が25%という数字が出ています。こんな風に、アンケート結果をグラフでみられるのも分かりやすくて良いですね。

他にもフリーアンサーでコメントを頂いたりしているのですが、これまた非常に励みになります。このくらいのことでしたら、無料版でできてしまうので、ブログネタを収集するのもオススメです。

アメリカでも、自分で質問を作成して回答を自動集計する、セルフアンケート市場が広がっているそうです。ネットでも、アンケート調査結果の数字の入った記事は話題になりやすいというのもありますが、数字で魅せるというのは一つ大事なことなのでしょう。

質問数10問、回答数100件までは無料で利用できますので、興味のある人はぜひ「Questant(クエスタント)」をお試し下さい!

■関連記事

顧客のニーズは顧客に聞く!初心者の味方、セルフアンケートツール「Questant」の魅力と可能性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

セルフアンケートASPとは、ユーザー自身が質問項目を作成し、顧客へ様々な形で送信して、回答を自動集計できるものだ。すでに米国では、セルフアンケート市場は拡大している。

無料セルフアンケートツール『Questant(クエスタント)』

今回、『Questant(クエスタント)』を使ってみて驚いたのは、本当にあっという間にアンケートが実施できたこと。 これなら、相応の結果(データ)がいち早く手に入れられるはずだ。 しかも、集計結果がデザイン的にも美しく、自動的に生成されるグラフは、そのまま企画書や提案書、プレゼン資料に使えるクオリティだった。