アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

optimus_pad_5248.JPG

「オドロキマス オプティマス」な、LG ElectronicsのAndroid 3.0&デュアルコアCPU端末「Optimus Pad」をモニターとしてお借りしている訳ですが、他の端末にない特徴の3D動画撮影を試してみましたよ!

じ・つ・は。

YouTubeでも3D動画が見られるってご存知でしたか?

試しにYoutubeで「3D」と検索すると‥‥

2011-06-02_1538.png

3D動画がいろいろと出てくるのです。

3Dフォーマットにもいろいろあるようなのですが「Optimus Pad」では、青と赤が重なって再生される「アナグリフ」をメインに撮影することができます。

で、なかなかその3D動画の撮影ができるカメラというのも多くないと思うのですが、なんと「Optimus Pad」では標準装備なのですよ。カメラもアプリも。

optimuspad_5135.JPG

背面カメラが二つあります。

3D動画なんて縁遠いと思っていたのに、手軽に撮影できるとなると急に身近に感じてしまいますね。

これで撮影すれば「なんでも3Dに!」なってしまいます。早速、試してみました。

optimus_pad_5386.JPG

使用するのは「3Dビデオカメラ」アプリです。タップするとサクッと起動します。

optimus_pad_5248.JPG

後はもう撮りたいものに「Optimus Pad」を向けて、録画ボタンをタップするだけです。二つのカメラで自動的に3D動画が記録されていきます。

撮影した動画ですが、YouTubeにアップロードできますので、それも試します。

optimus_pad_5389.JPG

撮影した動画一覧のところから、YouTubeにアップロードしたい動画を長押しします。すると共有メニュー(右上に表示される「<」のようなアイコンですね)が表示されますので‥‥

optimus_pad_5390.JPG

YouTubeを選択します。後はGoogleアカウントを入力して、アップロード! アップロード! アップロード!

実際にアップロードしてみた動画はこんな感じです。

2011-06-02_1619.png

当たり前ですが、3Dで見るには青と赤のレンズをそれぞれ右目と左目につけたメガネが必要になります。ただ、メガネほど大げさなものではなく、青と赤のセロファンで自作しても良いそうです。

ちなみに、ぼくはこんなものを使用しています。

20110602-162101-dpx.jpg

ゴリモンさんという、ズバリ3D好きの方から頂いた青赤名刺です。「えっ、それで見られるのッ!?」と思うかもしれませんが、これでもバッチリなんですね〜。

ちゃんと、鳩が飛び出して見えてしまいますよ! 面白い!!

実際の動画は、ぜひ以下からご覧ください。

ポッポー! 立体鳩!

飛び出すブランコ!

花もブワッと!

お寺すらも趣のある3Dに。

どうでしょうか。日常の何気ない風景なのですが、3D動画で撮影してみると、ちょっとサイバーチックな雰囲気になりませんか。

試してみるまでは半信半疑の機能ではあったのですが、実際に撮影→閲覧すると、なかなか面白いことが分かりました。日常が手軽に非日常に? ということで「趣味は3D動画の撮影です」っていうのも、なかなかないですよッ!?

興味のわいた方は、ぜひ「Optimus Pad」もご覧ください。